Home >> 事業紹介 >> ライフ営業部門 >> 柳 宗理

ライフ営業部門

柳 宗理

使いやすさを追求した「柳 宗理」デザインコレクション
柳 宗理は日本のプロダクトデザインの第一人者であり、日本を代表する工業デザイナーです。
MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久所蔵に認定されているバタフライスツールなどの家具類をはじめ、キッチンウェア、東京オリンピック聖火トーチホルダー、札幌オリンピック聖火台、関越自動車道関越トンネル坑口、歩道橋など広範囲なデザインを手掛け、その作品は日本だけでなく世界中の人々に愛用されています。2002年にはその功績が評価され、文化功労者に顕彰されました。

柳 宗理 プロフィール

1940年 東京美術学校(現 芸大)洋画科卒
1952年 毎日新聞社主催の第一回工業デザインコンクールの(現毎日デザイン賞)に応募、第一席の入選
1954年 金沢美術工芸大学工業デザイン科主任教授に就任
1956年 アスペン国際デザイン会議出席
1957年 第11回ミラノトリエンナーレ展に招待出品ゴールドメダル受賞
1960年 世界デザイン会議実行委員
1961年 西独カッセル市デザイン専門学校工業デザイン科主任教授として1年間招かれる
1966年 バタフライスツールとプラスチック・スタッキングスツールがニューヨークのモダンアートミュージアム、アムステルダムのステドリックミュージアムのパーマネントコレクションに選ばれる
1968年 バタフライスツールとプラスチック・スタッキングスツールがフランスのルーブル美術館のパーマネントコレクションにも選ばれる
1973年 トロント(カナダ)国際クラフト展審査委員
1977年 日本民芸館館長就任
1980年 イタリア、ミラノ近代美術館にて、ミラノ市主催による「柳宗理展」を開催
1981年 紫綬褒章
フィンランド・デザイナー協会の名誉会員に推される
1983年 イタリア文化会館(東京)にて「柳宗理展」を開催
ボンベイ(インド)の工科大学・工業デザイン教授として招かれる
1986年 世界クラフト会議で講演
1998年 池袋セゾン美術館で「柳宗理デザイン展」を開催
2002年 文化功労者として顕彰を受ける
2008年 ロイヤルデザイナー・フォー・インダストリー(Hon RDI)の称号授与
2011年 12月25日逝去(96歳)、正四位・旭日重光章 受章

主な作品

木製・スチール製・プラスチック製等の家具 、自動車、計器、ミシン、照明器具、ナイフ・フォーク・スプーン等のテーブルウェア、コップ・水差し等のガラス製品、陶磁器食器、東京オリンピックトーチホルダー、札幌オリンピック聖火台、東名高速道路足柄橋、東京料金所防音壁、関越自動車道路関越トンネル坑口等。

ステンレスケトル ステンレスボール パンチングストレーナー
ステンレスケトル ステンレスボール パンチングストレーナー
ステンレス片手なべ キッチンツール キッチンナイフ
ステンレス鍋 キッチンツール キッチンナイフ
#1250カトラリー #2250カトラリ 南部鉄器
#1250カトラリー #2250カトラリー 南部鉄器
セラミック ボーンチャイナ 角付きタンブラー
セラミック ボーンチャイナ 角付きタンブラー

柳 宗理 サポートサイト

柳宗理についてさらに詳しい情報はこちらからどうぞ。

柳宗理サポートサイトはこちら

ページトップに戻る

マーシャンブランド | DANSK | 柳 宗理 | D&S | 貴金属 |
オリジナル企画・製作 | ショールーム | 業務用品 | ハピラグ